ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ時期を予想!情報まとめ

引用:https://response.jp/article/2017/09/15/299810.html
新型

今までの一括査定の問題点を全て解決!かんたん・安心・高く売れる!




現行モデルのランドクルーザープラドは、これまで数回のマイナーチェンジがあったものの、150系の登場からは既に10年近くになります。

これまでのモデルでは6年~7年のスパンでモデルチェンジがあったことを考えると、かなり長い期間フルモデルチェンジがなかったことになりますね。

モデルチェンジを機に乗り換えを考えているという方も少なくないと思うので、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに関する情報をまとめてみようと思います。

スポンサードリンク

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ情報

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

現行モデルのランドクルーザープラドは、2017年にマイナーチェンジがあったばかりということで、まだまだフルモデルチェンジに関する情報は少ないのが現状です。

しかしながら、150系の登場から10年近くが経過していることを考えると、フルモデルチェンジはそう遠くないことも予想できます。

まだまだ情報は少ないですが、現在分かっていることをまとめていきます。

 

現状はほとんどフルモデルチェンジに関する情報なし

引用:https://toyota.jp/pages/contents/landcruiserprado/004_p_009/image/interior/top/carlineup_landcruiserprado_interior_top_pic_01_01_pc.jpg

残念なことに、現在はまだまだランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに関する情報はありません。

「2017年にフェイスチェンジを伴うビッグマイナーチェンジがあったこともあり、今後短いスパンでフルモデルチェンジが行われることは考えにくい。」 というのが唯一の有力な予想材料でしょうか。

とはいえ、現行モデルの登場から10年近くが経過しているランドクルーザープラドなだけにフルモデルチェンジに関する情報を求める声も多く聞こえます。

国内外問わず高い人気を誇るランドクルーザープラドなだけに、少しでもフルモデルチェンジに関する情報があれば大きな注目を集めそうです。

 

これまでのフルモデルチェンジのタイミング

引用:https://www.flexdream.jp/files/uploads/landcruiser_prado_150-Argento_Cross-exterior.jpg

ここで一度、これまでのランドクルーザープラドのフルモデルチェンジのタイミングを振り返ってみましょう。

  • 70系ランドクルーザープラド:1990年~1996年 (7年7ヶ月)
  • 90系ランドクルーザープラド:1996年~2002年 (6年1ヶ月)
  • 120系ランドクルーザープラド:2002年~2009年 (6年11ヶ月)
  • 150系ランドクルーザープラド:2009年~現在

現行モデルの150系は、これまでのランドクルーザープラドシリーズとはモデルチェンジの周期が異なるため予想しにくくなっています。

このように並べてみると、現行モデルの150系ランドクルーザープラドがいかに長い期間生産されてきているかがわかりますね。

 

スポンサードリンク

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ予想

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

ランドクルーザープラドは、モデルチェンジごとに走行性能だけでなく先進安全装備や環境性能を向上させてきました。

次のフルモデルチェンジ後のランドクルーザープラドでは、どのようなモデルになるのかを少しだけ予想してみましょう。

 

エンジンはガソリンとクリーンディーゼル

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/?padid=ag341_from_prado_navi_performance

次期型ランドクルーザープラドでも、エンジンはガソリンモデルクリーンディーゼルモデルの2種類を搭載することが予想されています。

近年の自動車業界の傾向を見ていく限りでは、まだまだガソリンモデルも生産され続けるでしょう。

また、クリーンディーゼル技術に関しても今後更に進化していくことが予想され、フルモデルチェンジ後もランドクルーザープラドの主力モデルとなりそうです。

プラド同様に2020年頃にフルモデルチェンジが予想されている兄弟車ランドクルーザーでは、ハイブリッドモデルの搭載も噂されていますが、プラドにも搭載されるかは今のところ不明です。

 

自動運転などの先進技術が盛り込まれる

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/performance/

現行モデルのランドクルーザープラドは、昨年ビッグマイナーチェンジがあったとはいえ、車両の根本的な部分での設計の古さを指摘される声も少なくありません。

フルモデルチェンジ後は、自動運転支援技術やこれまで以上の先進安全技術が搭載されるのは間違いないでしょう。

日本車としては安くない車なだけに、走行性能以外の部分で求められることも多そうです。

 

正統派SUVとしてのコンセプトは崩さない

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/?padid=ag341_from_prado_navi_performance

近年の世界的なSUV市場の高まりを受けて、トヨタではここ最近CH-RやハリアーといったクロスオーバーSUVや、ハイラックスのようなピックアップトラックにも力を入れるようになっています。

このように、単にSUVといってもコンセプトの異なる車種を多く出せるところがトヨタの強みの一つですね。

次期型のランドクルーザープラドでも、現在の正統派オフローダーという姿勢を崩さず、より熟成されたSUVとして登場するのではないか と思います。

 

ボディタイプに大きな変更はなさそう?

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

ランドクルーザープラドは、本格的なオフローダーでありながらもオンロードやファミリーユースに耐えうる懐の深さが魅力の一つですが、次のフルモデルチェンジ後もこれまでのような5ドアSUVという形で登場することが予想されています。

ボディサイズに関しても、現行モデル同様ランドクルーザーよりコンパクトなサイズであるのは間違いなく、これ以上極端にボディサイズが大きくなることはないでしょう。

シート配列なども2列シートと3列シートの両方がラインナップされると思います。

 

スポンサードリンク

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ時期

引用:http://www.emono1.jp/img/sixthsense/20180805173257_img1_54.jpg

150系ランドクルーザープラドは20009年に登場し、現行モデルは2017年にマイナーチェンジが行われました。

これまでのランドクルーザープラドは、6年~7年といったスパンでフルモデルチェンジを繰り返してきましたが、クロスオーバーSUVの人気もあってかなかなかフルモデルチェンジに踏み切っていません。

とはいえ、いくら人気の高いランドクルーザープラドでも、10年が経過した現行モデルのままではさすがに設計に古さが目立つようになってきています。

多くの自動車メディアが、次のランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ時期は2019年~2021年と予想しています。

この予想に至った根拠としては、これまでのランドクルーザープラドのモデルチェンジのスパンや、兄弟車であるランドクルーザー自体のモデルチェンジ時期などが挙げられるでしょう。

直近のマイナーチェンジが2017年だったことを考えると、2年~4年ほどの期間をおいての発表になりそうだというのは妥当な予想と言えそうです。

2020年といえば東京オリンピックが開催される年というのもあって、日本に世界からの注目が集まりやすいという点を考えても、トヨタが何かしらのアナウンスを用意していてもおかしくありません。

今のところは、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに関する情報が少ないのが現状ですが、今後も注目していきたいところですね。

一括査定はもう古い!?【最新】車の売却方法とは?

車を出来るだけ安く買いたいけど、

「値引き交渉は苦手…」

かといって、

「一括査定は営業電話がたくさん鳴るし…」

とお悩みのあなたに朗報です!

ある方法を利用するだけで問題を一気に解決!

車買取には大きく分けて、

  • 下取り
  • 買取

に分けられます。

近年は、一般的に最も車が高く売れるとされる一括査定サイトが多く利用されていますが、現状ではいくつかの問題があります。

問題点①

一括査定サイトに、個人情報と車両情報を入力すると、各社からたくさんの営業電話が掛かってくることになります。

また、複数の会社で見積もりを取るためには、買取店各社とスケジュールを合わせ、査定を受ける必要があります。

問題点②

査定実施後に、買取店の営業マンから、

「車を売ってくれるまで帰りません!」

などと、強引な営業が行われるケースも・・・

問題点③

買取店が査定をし、そのまま買取をするモデルのため、買取会社にとっては買取価格が安いほど利益が大きくなります。

その結果、買取会社による車の買い叩きが起こってしまいます。

結果、時間や手間を掛けても、本当に高く売れるか不安だらけ・・・

 

しかし、ユーカーパックならそんな不安も一気に解決します!

・5000社以上にオークション形式で競わせるから高く売れる!

・中間流通コストが掛からないから高く売れる!

・査定はたった1回だけ!名義変更手続きも無料で代行!

・個人情報が複数の買取会社に渡らない!

・買取店との代金のやりとりは全て代行!

だから、お客様満足度も高いサービスなんです!!

↓まずは30秒で簡単な情報を入力↓



スポンサードリンク