ランドクルーザープラド新型の価格は?購入費用とおすすめグレード

引用:https://www.webcg.net/WEBCG/special/2017/toyota_landcruiserprado/gallery.html
新型

今までの一括査定の問題点を全て解決!かんたん・安心・高く売れる!




現行モデルの150系ランドクルーザープラドは、これまでのモデルよりもさらに高級感を高くしたモデルとなり、高い人気を誇っている車種です。

そんなランドクルーザープラドなだけに、現在購入を検討されているという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、新型ランドクルーザープラドの価格や購入費用、オススメのグレード などをまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

ランドクルーザープラド新型の価格

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

新型ランドクルーザープラドは、エンジン型式やグレードごとに価格が大きく異なってきます。

ここでは、ランドクルーザープラドの価格を詳しく見ていきましょう。

 

ランドクルーザープラド新型のグレードと価格

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

グレード 価格(税込)
TX 2.7L ガソリン (5人乗り) 3,538,080円
TX 2.7L ガソリン (7人乗り) 3,692,520円
TX 2.8L クリーンディーゼル (5人乗り) 4,152,600円
TX 2.8L クリーンディーゼル (7人乗り) 4,307,040円
TX “Lパッケージ” 2.7L ガソリン (5人乗り) 4,047,840円
TX “Lパッケージ” 2.7L ガソリン (7人乗り) 4,202,280円
TX “Lパッケージ” 2.8L クリーンディーゼル (5人乗り) 4,667,760円
TX “Lパッケージ” 2.8L クリーンディーゼル (7人乗り) 4,822,200円
TZ-G 2.8L クリーンディーゼル (7人乗り) 5,363,280円

新型ランドクルーザープラドは、大きく分けて

  • 「TX」
  • 「TX “Lパッケージ”」
  • 「TZ-G」の3種類のグレードが用意されています。

そのグレードごとに、ガソリンモデルとクリーンディーゼルモデル5人乗りと7人乗り がそれぞれ選択できるようになっています。

ベースグレードであるTXの2.7Lガソリンエンジンモデルと最上級グレードのTZ-Gの間には約200万円の開きがありますが、ボディサイズやエンジンごとのスペック自体には違いがありません。

引用:https://www.webcg.net/WEBCG/special/2017/toyota_landcruiserprado/gallery.html

エンジンごとの違いで言うと、ガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの間には60万円ほどの開きがありますが、燃費などの購入後の維持費や走行性能などを考えると妥当な価格差と言えそうです。

5人乗りと7人乗りの間にも15万円ほどの開きがありますが、荷室容量や室内の広さが大きく変わってくるので、この辺は普段どのような目的で車使うのかで選ぶのがよさそうですね。

 

オプション装備の価格

引用:https://toyota.jp/pages/contents/landcruiserprado/004_p_009/image/interior/top/carlineup_landcruiserprado_interior_top_pic_01_01_pc.jpg

ここでは、新型ランドクルーザープラドのオプション装備の価格を紹介していきますが、さすがに全ては紹介しきれないので主なオプション装備についてのみご紹介します。

オプション装備 価格
T-Connnect SDナビゲーション 9インチ 254,880円/DCMパッケージ:300,240円
T-Connnect SDナビゲーション 7インチ 146,880円/DCMパッケージ:192,220円
プラド・スーパーライブサウンドシステム※ 612,360円
プレミアムダブルツィーターシステム 99,360円
セーフティモニター 44,280円
カメラ別体型ドライブレコーダー 62,100円
ETC2.0ユニット(ビルトイン)ナビ連動タイプ 32,400円
iPod対応USB/HDMI入力端子 9,720円
チルト&スライド電動ムーンルーフ 108,000円
ルーフレール 27,000円
モデリスタ エアロキット 128,520円
ウッド調ステアリング 34,560円
寒冷地仕様 28,080円

※正確には「T-Connect SDナビゲーションシステム DCMパッケージ&プラド・スーパーライブサウンドシステム+マルチテレインモニター〈フロントカメラ+サイドカメラ(左右)+バックカメラ付〉」というオプションです。

引用:https://www.webcg.net/WEBCG/special/2017/toyota_landcruiserprado/gallery.html

ランドクルーザープラドには様々なオプション装備が用意されており、オプションを付けすぎると車両価格からさらに100万円以上かかってしまうということもありえそうです。

メーカーやディーラーが用意してくれているオプションなだけに、今後カスタムの予定がある方であれば、新車購入時にディーラーで購入して取り付けて貰った方が取り付け工賃や購入時の値引きなどの面で有利になるかもしれませんね。

引用:https://www.webcg.net/WEBCG/special/2017/toyota_landcruiserprado/gallery.html

また、ここで挙げたもの以外にもボディカラーの一部にメーカーオプションに設定されているものもあります。

メーカーオプションであるホワイトパールクリスタルシャインのような人気の高いボディカラーを選んでおくと、後々のリセール時に高めに査定して貰いやすくなるので検討しておいてもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

ランドクルーザープラド新型の購入時に必要な費用

引用:https://www.vanderstynetoyota.com/wp-content/themes/DealerInspireDealerTheme/images/video-fallback-background.jpg

新車購入時には、カタログ価格以外にもオプションや税金など様々な諸費用がかかってきます。

実際に、新型ランドクルーザープラドを新車購入する際にはどの程度の費用が必要になるのかを見てみましょう。

 

車両本体価格とオプション費用

引用:https://www.modellista.co.jp/press/2017/0912_landcruiserprado/image/01_p01.jpg

当然ですが、車を購入する際にはそれぞれの車両価格と追加のオプション費用がかかってきます。

ランドクルーザープラドの場合、どのグレードを選ぶかによっては最大200万円程の開きがありますが、1番人気の「TX “Lパッケージ”(5人乗り)」のクリーンディーゼルモデルでは、4,667,760円(税込)になります。

 

税金

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

自動車を購入する際には、複数の税金を納める必要があります。

自動車を購入する際にかかってくる税金は、

  • 「消費税」
  • 「自動車取得税」
  • 「自動車重量税」
  • 「自動車税」

の4つの税金です。

まず、消費税に関してですが、これはランドクルーザープラドの車両本体価格とオプション装備の両方にかかってきます。

現在のトヨタはすべての車両とオプションの価格を税込・税抜きの両方で表示しているので具体的な消費税の料金を把握しやすいですね。

自動車取得税は、自動車の購入時の取得価格に対してかかる地方税ですが、ランドクルーザープラドのような普通車の場合は、取得総価額の3%がかかります。

また、車重の重たいランドクルーザープラドにとっては、自動車重量税も大きな負担となってきます。

自動車重量税は、自動車の重量に対してかかる国税で、原則車検時に2年分の税金を支払いますが、新車購入時は3年分をまとめて前払いします。

ランドクルーザープラドの場合、車両重量が2,000kg~2,500kgの車両となるため、自動車重量税は年間20,500円になります。

さらに、自動車の排気量に対してかかる自動車税は、ランドクルーザープラドの場合、総排気量2.5L~3.0Lの車両なので年間51,000円がかかります。

 

エコカー減税

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/performance/

ランドクルーザープラドのクリーンディーゼルモデルはエコカー減税対象車なので、購入時には上記の税額から以下の表のような減税と補助金が給付が受けられます。

 

エコカー減税[自動車取得税100% + 自動車重量税100%] + グリーン化特例[概ね75%] + CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)

グレード 車両本体価格(税込) エコカー減税 グリーン化特例 CEV補助金 優遇額合計
自動車取得税 自動車重量
TX (5人乗り) 4,152,600円 約103,800円 約37,500円 約38,000円 30,000円 約209,300円
TX (7人乗り) 4,307,040円 約107,600円 約37,500円 約38,000円 30,000円 約213,100円
TX “Lパッケージ” (5人乗り) 4,667,760円 約116,600円 約37,500円 約38,000円 30,000円 約222,100円
TX “Lパッケージ” (7人乗り) 4,822,200円 約120,500円 約37,500円 約38,000円 30,000円 約226,000円
TZ-G (7人乗り) 5,363,280円 約134,000円 約37,500円 約38,000円 30,000円 約239,500円

参考:トヨタ ランドクルーザー プラド | エコカー対象グレード | トヨタ自動車WEBサイト

ガソリンモデルと比べてカタログ価格では高くなってしまうクリーンディーゼルモデルですが、実際の新車購入時にはエコカー減税や補助金によって実質的にはクリーンディーゼルモデルの方がかなりお得に購入できます。

ガソリンモデルの場合は、エコカー減税の対象外なので、新車を購入する際はカタログ価格以外の部分もよく検討しておきたいところです。

 

自動車保険

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/?padid=ag341_from_prado_navi_performance

自動車に乗る際には必ず自動車賠償責任保険(自賠責保険)に加入しておく必要があります。

新車購入時に支払う自賠責保険の費用は最初の車検までの3年分の36,780円です。

また、自賠責保険だけでは賄いきれない部分を補うために、任意保険にも入っておきましょう。

保険会社や保険のプランにもよりますが、35歳以上13等級車両保険付きで月額約6,000円~1万円弱といったところでしょうか。

 

その他納車にかかる手数料

引用:https://toyota.jp/pages/contents/landcruiserprado/004_p_009/image/interior/comfort/carlineup_landcruiserprado_interior_comfort_pic_17_01.jpg

税金や保険料などの他に、納車の際にかかってくる手数料があります。

車庫証明や陸運局での登録手数料といったものが一般的ですが、自宅まで運搬してもらうことになれば別途納車手数料もかかってきます。

具体的な手数料は販売店によって変わってきますが、車庫証明が10,000円~20,000円、陸運局での登録代行が30,000円程になるようです。

自宅まで納車してもらう場合は、販売店と自宅との距離によって大きく変わってきます。

通常は、販売店まで車を取りに行くことが多いと思いますが、遠方での納車を希望される場合は注意が必要です。

また、これらの他に自動車リサイクル法によって義務付けられているリサイクル料も必要で、ランドクルーザープラドの場合は16,870円となります。

 

ランドクルーザープラド新型グレード比較!おすすめはこれ!

引用:https://toyota.jp/pages/contents/lifestyle/topics/women_suv/landcruiserprado/images/scene4-image1.jpg

新型ランドクルーザープラドには、3つのグレードがあり、それぞれエンジンやシート配列によって車の価格が変わってきます。

当然、どのような基準で車選びをするかによってどのグレードを選ぶかが変わってくるので、ここではいくつかオススメの選び方を紹介します。

 

リセールバリューで選ぶならTX “Lパッケージ”

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

新車購入時でもついついリセールバリューは気になってしまいますよね。

ランドクルーザープラドの場合、リセールバリューが下がりにくい車種として知られており、どのグレードを選んでも総じて高い査定価格が期待できます。

中でも、「TX “Lパッケージ”」は非常に人気の高いグレードの一つで、人気色のホワイトパールクリスタルシャインやブラックを選べば、リセールバリューをさらに維持しやすくなりそうです。

 

走行性能の良さとエコカー減税でお得感のあるクリーンディーゼルモデル

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/?padid=ag341_from_prado_navi_performance

一昔前までは、騒音や振動の大きさなどからあまり評判が良くなかったディーゼル車ですが、近年では技術の進歩によってかなり高い評価を得るようになってきました。

引用:https://www.webcg.net/WEBCG/special/2017/toyota_landcruiserprado/gallery.html

クリーンディーゼルエンジンの特徴は、ガソリンモデルに比べて低回転域から太いトルクが得られ、また燃費もいいということが挙げられます。

ランドクルーザープラドに搭載されるクリーンディーゼルエンジンは2.8Lですが、最大トルクが45.9kgf・mもあり、NAのガソリン車に換算すると4.5Lのエンジンに相当します。

これだけ高い走行性能に加えて、燃費性能もガソリンエンジンよりも高いため、最近ではクリーンディーゼル車を街中で見かけることも増えていますね。

また、エコカー減税の対象でもあるので、新車購入時には最大約239,500円もの優遇を受けることができます。

お財布にも優しく、性能も高いモデルなだけにリセールバリューも期待できるので、クリーンディーゼルモデルを選んで間違いないでしょう。

 

荷室の広さを求めるなら5人乗り

引用:https://toyota.jp/pages/contents/landcruiserprado/004_p_009/image/interior/space/carlineup_landcruiserprado_interior_space_pic_09.jpg

ランドクルーザープラドには、5人乗りと7人乗りの選択肢があります。

どちらにもそれぞれの良さがありますが、7人乗りの場合は3列シートになるため、通常時の荷室容量では5人乗りに劣るようです。

5人乗りも7人乗りもシートを格納してフルフラットにすることでかなり広い荷室容量を得ることができますが、普段からたくさんの荷物を積んでおきたい方には5人乗りモデルの方がオススメしやすいですね。

反対に、普段は大勢で移動することが多く、たまに大きな荷物を積むという方には7人乗りを選択するのがオススメかもしれません。

ご自身のライフスタイルに合わせた車選びをすることで、ランドクルーザープラド購入時の満足度が大きく変わってきそうです。

 

一括査定はもう古い!?【最新】車の売却方法とは?

車を出来るだけ安く買いたいけど、

「値引き交渉は苦手…」

かといって、

「一括査定は営業電話がたくさん鳴るし…」

とお悩みのあなたに朗報です!

ある方法を利用するだけで問題を一気に解決!

車買取には大きく分けて、

  • 下取り
  • 買取

に分けられます。

近年は、一般的に最も車が高く売れるとされる一括査定サイトが多く利用されていますが、現状ではいくつかの問題があります。

問題点①

一括査定サイトに、個人情報と車両情報を入力すると、各社からたくさんの営業電話が掛かってくることになります。

また、複数の会社で見積もりを取るためには、買取店各社とスケジュールを合わせ、査定を受ける必要があります。

問題点②

査定実施後に、買取店の営業マンから、

「車を売ってくれるまで帰りません!」

などと、強引な営業が行われるケースも・・・

問題点③

買取店が査定をし、そのまま買取をするモデルのため、買取会社にとっては買取価格が安いほど利益が大きくなります。

その結果、買取会社による車の買い叩きが起こってしまいます。

結果、時間や手間を掛けても、本当に高く売れるか不安だらけ・・・

 

しかし、ユーカーパックならそんな不安も一気に解決します!

・5000社以上にオークション形式で競わせるから高く売れる!

・中間流通コストが掛からないから高く売れる!

・査定はたった1回だけ!名義変更手続きも無料で代行!

・個人情報が複数の買取会社に渡らない!

・買取店との代金のやりとりは全て代行!

だから、お客様満足度も高いサービスなんです!!

↓まずは30秒で簡単な情報を入力↓



スポンサードリンク