ランドクルーザープラドサイズ比較!サイズ感はどれぐらい?

引用: https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior
新型

今までの一括査定の問題点を全て解決!かんたん・安心・高く売れる!




ランドクルーザープラドは、トヨタの誇る本格SUVオフローダー・ランドクルーザーの弟分として非常に人気の高い車種ですが、国産車としてはボディサイズが大きく、その点で不安に思う方も多いことと思います。

そこで、ランドクルーザープラドの大きさサイズ感をわかりやすくまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

ランドクルーザープラドの大きさ

プラド正面画像

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/exterior/?padid=ag341_from_prado_navi_exterior

ランドクルーザープラドは、国産車の中では非常にボディサイズの大きな車両です。

実際のランドクルーザープラドのサイズは以下の表のとおりです。

ランドクルーザープラド
全長×全幅×全高 4,825×1,885×1,850(mm)
ホイールベース 2,790mm
最低地上高 220mm

全長・全幅ともに国産車としては大型クラスですね。

街中での運転時には全長よりも全幅の大きさの方が気になってしまいますが、駐車スペースによっては全長がはみ出してしまうことがあるかもしれません。

ランドクルーザープラドの最小回転半径は5.8m なので、街中での小回りはあまり期待しない方がいいかもしれませんね。

とはいえ、ランドクルーザープラドは全高が高い分、運転席の目線もとても高く決して運転しにくい車ではありません。

ボディの大きさのせいで運転に慣れるまで大変に感じてしまいますが、その分存在感や迫力といったランドクルーザープラドのようなSUVにしかない魅力がありますね。

また、車両自体が大きいので室内空間を広く取ることができている点も魅力的なポイントです。

 

スポンサードリンク

ランドクルーザープラドのサイズ感

引用:https://toyota.jp/pages/contents/landcruiserprado/004_p_009/image/grade/common/carlineup_landcruiserprado_grade_common_size_tz_g.jpg

数字だけを比較してみても、イマイチサイズ感についてピンと来ないですよね。

そこで、少しでもランドクルーザープラドのサイズ感がわかりやすくなるようにいくつか例を挙げてみます。

 

土地1坪=約1,8182cmの正方形

土地の広さを計算するときの単位としてよく使われている「坪」という単位は、1坪が約1,8182cm四方の正方形とされています。

もう少しわかりやすくすると、1坪の面積は大体畳(たたみ)2畳分と言われています。

ランドクルーザープラドの全長が4,825mm横幅が1,885mmなので、これを収めようとすると縦に3坪・横に2坪は必要ですね。

また、ランドクルーザープラドの広さを面積で表すと9.095125平方メートルになるので、たたみの広さに換算すると約5畳ほどの広さということになります。

 

一般的な駐車場のサイズ

引用:http://www.alkjapan.com/nara/rc/image/syako-1.jpg

一般的な駐車場は幅2.5m×長さ5.0m車路幅5.0mという大きさを最低基準に作られているようです。

(車路というのは、駐車場内で車が走行する場所のことです。)

もちろんこの基準よりも広い駐車場はありますが、街中のパーキングなどではほとんどこのくらいの広さだと思います。

ランドクルーザープラドは全長も全幅もこの基準に収まりますが、長さ5mの駐車場に駐車した場合、車の前後に175mmしかスペースがないことになります。

後部のトランクスペースを開けようと思った場合、後ろ向きに駐車するとモノを取り出す際に苦労するかもしれません。

また、幅が2.5mしかない駐車場だと、ランドクルーザープラドを駐車したときの左右のクリアランスは615mmだけになります。

そのため、上図の1番左のイラストのようにドアを広く開けられないことも考えられます。

狭い駐車場や混雑した駐車場を避けることができれば問題ない部分ですが、ここばっかりは日本の土地事情の苦しさを痛感してしまいそうですね。

 

一般的な自動販売機の高さ

一般的な自動販売機の高さは1,830mmだそうです。

ランドクルーザープラドの全高が1,850mmなので、自動販売機より2cmほど高いことになりますね。

 

スポンサードリンク

ランドクルーザープラドのサイズ比較

引用:https://pincars.jp/wp-content/uploads/2017/10/KUR20814.jpg

ランドクルーザープラドのサイズ感だけを見ても、イマイチどれくらいのサイズ感なのかがつかみにくいと思うので、ここでは他のトヨタ車とサイズを比較 してみようと思います。

 

ランドクルーザー

引用:https://toyota.jp/pages/contents/landcruiser/001_p_012/image/grade/grade1/carlineup_landcruiser_grade_grade1_2_01_pc.png

 

ランドクルーザー  ランドクルーザープラド
全長×全幅×全高 4,950×1,980×1,880mm 4,825×1,885×1,850mm
ホイールベース 2,850mm 2,790mm
最低地上高 225mm 220mm

 

まずは、ランドクルーザープラドと本家ランドクルーザーのサイズを比較してみます。

ランドクルーザープラドも十分大きな車両ですが、ランドクルーザーはそれよりさらに全長も全幅も大きくなっていますね。

ランドクルーザーの最小回転半径は5.9mとプラドとは0.1mしか変わりませんが、全長と全幅が10cmも違うのは大きな違いと言えそうです。

 

ハリアー

引用:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_06_04.jpg

 

ハリアー  ランドクルーザープラド
全長×全幅×全高 4,725×1,835×1,690mm 4,825×1,885×1,850mm
ホイールベース 2,660mm 2,790mm
最低地上高 160~175mm 220mm

ランドクルーザープラドと同様トヨタのSUVの中でも人気の高いハリアーですが、ランドクルーザープラドと比較してみてもそのボディサイズはあまり変わらないようです。

しかし、全高がランドクルーザープラドよりもかなり低くなっているので、室内空間の居住性は大きく変わってきそうですね。

最小回転半径は5.4~5.7mということで、ランドクルーザープラドよりは若干取り回しが楽なようです。

 

CH-R

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

 

CH-R  ランドクルーザープラド
全長×全幅×全高 4,360×1,795×1,565mm 4,825×1,885×1,850mm
ホイールベース 2,640mm 2,790mm
最低地上高 140~155mm 220mm

トヨタのSUVの中では最もコンパクトなCH-Rですが、実際にランドクルーザープラドと比較してみるとそのコンパクトさがよくわかりますね。

CH-Rは全体的にかなりコンパクトで、特に全幅においては10cm近い差があります。

最低地上高もSUVとしてはかなり低い部類に入り、ランドクルーザープラドの方が7cm近く高いようなので、この辺りでもランドクルーザープラドの大きさを実感できますね。

そのコンパクトさに加えて最小回転半径も5.2mと街乗りでの使い勝手だけを考えるとCH-Rに軍配が上がりそうです。

 

プリウス

引用:https://toyota.jp/pages/contents/prius/004_p_003/image/grade/special/photo_body_special_color3.png

 

プリウス  ランドクルーザープラド
全長×全幅×全高 4,540×1,760×1,470mm 4,825×1,885×1,850mm
ホイールベース 2,700mm 2,790mm
最低地上高 130mm 220mm

最後に、トヨタの代表的ハイブリッドカー・プリウスと大きさを比較してみます。

乗用車として平均的なボディサイズのプリウスとランドクルーザープラドを比較すると、車幅や車高の高さからその大きさがよくわかりますね。

プリウスも決してコンパクトな車ではありませんが、ランドクルーザープラドと比較してしまうと小さく感じてしまいます。

最小回転半径を比較してみると、プリウスが5.1~5.4mなのに対してランドクルーザープラドは5.8mなので、運転時の取り回しのしやすさも大きく違ってきそうです。

一括査定はもう古い!?【最新】車の売却方法とは?

車を出来るだけ安く買いたいけど、

「値引き交渉は苦手…」

かといって、

「一括査定は営業電話がたくさん鳴るし…」

とお悩みのあなたに朗報です!

ある方法を利用するだけで問題を一気に解決!

車買取には大きく分けて、

  • 下取り
  • 買取

に分けられます。

近年は、一般的に最も車が高く売れるとされる一括査定サイトが多く利用されていますが、現状ではいくつかの問題があります。

問題点①

一括査定サイトに、個人情報と車両情報を入力すると、各社からたくさんの営業電話が掛かってくることになります。

また、複数の会社で見積もりを取るためには、買取店各社とスケジュールを合わせ、査定を受ける必要があります。

問題点②

査定実施後に、買取店の営業マンから、

「車を売ってくれるまで帰りません!」

などと、強引な営業が行われるケースも・・・

問題点③

買取店が査定をし、そのまま買取をするモデルのため、買取会社にとっては買取価格が安いほど利益が大きくなります。

その結果、買取会社による車の買い叩きが起こってしまいます。

結果、時間や手間を掛けても、本当に高く売れるか不安だらけ・・・

 

しかし、ユーカーパックならそんな不安も一気に解決します!

・5000社以上にオークション形式で競わせるから高く売れる!

・中間流通コストが掛からないから高く売れる!

・査定はたった1回だけ!名義変更手続きも無料で代行!

・個人情報が複数の買取会社に渡らない!

・買取店との代金のやりとりは全て代行!

だから、お客様満足度も高いサービスなんです!!

↓まずは30秒で簡単な情報を入力↓



スポンサードリンク